田村セツコ先生の個展に行って来ました

2012.12.26 Wednesday

ギャラリートークとサイン会がある日にあわせて、田村セツコ先生の個展に行ってきました

10歳の時に読んだ児童文学の挿絵やサンリオの社長、辻信太郎氏が書かれた絵本で大好きになったイラストレーターさん。


想い出を売る店は、絵本だけでなく、今まで読んだ本の中でBEST3に入るかもというくらい大好きな本。

なかなか個展にお邪魔する機会がなく、今回初めて、しかも実際にお会いしてお話をお聞きして、サインまでもらえるという!サイコーの一日でした♪

 

個展にあわせて出版された本と、サイン、美術館のカフェで期間中に飲めたセツコ先生のイラストのラテアート。



【ネタバレ】SPACE BATTLESHIP ヤマト

2010.12.04 Saturday



SPACE BATTLESHIP ヤマト
観てきました。ちなみに、アニメのヤマトはテレビシリーズも劇場版も何回も観てる大ファン。

以下、ネタバレ付き感想。



【よかったところ】
・BGMは、やっぱりヤマトだった。
・アナライザーがアナライザーだった!
・劇場版アニメ「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」のストーリーも取り入れられてた。真田さん、斉藤、徳川機関長のラストシーンはほぼそのまんまだった。
・「対ショック対閃光防御!」とかアニメとおんなじ台詞はおおーってなる。
・コスモタイガー隊の制服が黒に黄色矢印、雪は黄色に黒矢印とか、細かい。
・沖田艦長の山崎努さん、西田さん、橋爪さんあたりはやっぱすごい役者さんだなーって思った。アニメとキャラが近かったし。
・ちゃんとみーくんもいた!

【うーんってところ】
・佐渡先生が女ってとこ以上に、森雪のキャラが全然ちがう!(でもコレがいいって言う人も。)
・アナライザーが最後ガンダムみたいになった!
・古代と雪の突然のラブシーンとか、司令部や第一艦橋のみんなが喜びあうシーンとか、なんかすごいわざとらしいお芝居シーンが多かった。
・古代がヤマトとともに突っ込むのはさらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たちのラストと一緒だけど、アニメは雪も一緒だったんだよねー。まあこのラストでは、劇場版の続編はないね。
・デスラーのあの扱いは…。あとガミラス星人が変な宇宙人だってのもねぇ… なんかハリウッドの映画っぽくて。やっぱ地球人と似た風貌の宇宙人って大衆受けしないのかしらん。


全体的にはまあまあよかったです。よくつくったなーと思ったし。でもキムタクさんはやっぱりキムタクさんだったよ。古代進って感じではなかったです。かっこよかったけど。





続きを読む >>

1

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

selected entries

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode